過去の愚か者日記

借金まみれで困窮していたらパチプロからバイトを依頼された社長の件

愚か者倶楽部

何とか無事に資金繰りが出来て、とりあえず急場はしのげたけど、月末にも支払いは待っている。しかし、今日はホッと一息というのが本音です。

そんな今、ボーっとしながらも真剣に考える事があります。

先週末に久しぶりに古い知人と酒を飲む機会があったのですが、その知人は20数年以上前から異色の職業を続けています。

借金だらけの社長がパチプロに「バイトをしないか?」と誘われたました

借金まみれで困窮していたらパチプロからバイトを依頼された社長の件2012.1.19

その職業とは、スバリ・・・パチプロです。

久しぶりに会う事になったので、近況を聞く事を楽しみに待ち合わせ場所へと向かったのですが、会って最初はお互いのそれなりの近況を報告して、

話は私の本題である、彼の本業の状況の話に及んだのでした。結果的に昔に比べれば、厳しいのは確かだけど、しっかりと “収入” は確保出来ているらしいです。

彼は見栄や虚勢を張るタイプではないので、その回答の信憑性は極めて高い。世の中にはいろんな事で生活している人がいるが、パチプロは異色中の異色だと思います。

そんな話しをしている中、彼がビックリする事を私に言い出したのでした。私が今の仕事の現状を話して、日々の仕事もロクに出来ていない事を伝えると、

週に2日位でも、朝から時間が自由に使えるなら、バイト感覚でパチンコに来ないか?っと言うのです!

細かい条件はいろいろありましたが、簡単に説明すると彼が指定するパチンコ台の “代打ち” であります。当然、代打ちなので私自身が用意する軍資金は不要であり、

配当(バイト代)は出玉で比例し、出せば出すほど高収入となる話でした。

彼からすれば、毎日は不要なのですが週に2日ぐらいは「代打ちがいればなぁ~」っと、探していたらしいのです。

しかし、誰でもOKっと言う事では無いらしいので、私が暇をしているという事で白羽の矢が立った感じでした。その日は夜中までのみ、後日連絡をする約束をして分かれました。

いろんな事を考えるが、今の私には願ってもない事かもしれない。しかし、デメリットも無い訳ではない。主たるパチンコ店は少し距離の離れた場所らしいが、

万が一、本業の関係者に朝から頻繁にパチンコ屋に通う姿を目撃される事態が発生すれば、たちまち悪評が知れ渡り、信用を失う事も予想される・・・

今日明日で答えを出して、きちんと彼に返答する予定なのですが、しかし・・・正直、ものすごく迷ってます・・・

借金だらけの社長がパチプロのバイト依頼にあっさりOK!と返事しました

2012.1.24

ものすごく迷ったあげく、出来る限りの変装?を施して、パチプロの代打ちを引き受ける事にしました。

しかし、嫁の承諾無しでは無理なので、小さな声で相談したところ、あっさり二つ返事でOKでした。OKどころか、

ノーリスクハイリターンのバイト内容に、『必死で頑張れ!』っとまで言われた。本当に女性の心理は分からないものですね。

そんなこんなで、週末にパチプロの知人に承諾の連絡を入れると早速、日曜日に試し打ちをするように言われた。

普段の日曜日はパチプロも、いろんな要因から休業するらしいのですが、ぶっつけ本番はちょっとマズいと言う事で、朝9時に指定された喫茶店へ出向きました。

そこで私の“仕事内容”の説明を受けたのですが、その日の私の担当はパチスロという事でした。昔、一時期パチスロに熱中していた事もあり、目押しと言われる最低の技は使えます。

15分ほど相談した結果、とりあえずは今、一番流行っている北斗の拳を担当する事になりました。

北斗の拳は昔よく遊んだ台で、新台の遊び方もよく似ている事もあり、確実性には欠けるのですが、慣れる事も大事と言う事でその台に決定しました。

ただ、代打ちに関して面倒ではありますが、細かい仕事を要求されました。

小さな機械みたいな物を手渡され、パチスロで表される出目を事細かに記録するように言われました。決して違法な物ではなく、データ収集と解析の機械らしいです。

個人的に遊ぶのと、仕事として打つのはやはり違うと感じました。台が決まるとパチプロの知人がどこかにメールをし始めました。

そして、5分ほどで返事が帰ってくると、その内容を確認しながら私に説明し始めたました。日曜日なので普段より客は多いが、通常営業なので大混乱にはなっていません。

入場してからは、落着いて素早く行動し、指定番号の台を確保するように言われました。

入口からお目当ての番号の台までの経路と位置をしっかりと確認し、喫茶店を出てパチンコ屋の入口の列に2人で数分並んだ。

10時ジャストに入場し、私達は小走りに目標とする台へまっすぐに進んで見つけました。

候補の台は2台あったが、両方とも確保出来てパチプロが少しだけ試し打ちした後、2台のうちの1台を打つように私に指示し、私のドキドキの“副業”が開始されました・・・

つづきは次回に・・・